カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


モバイル

 
2018年 10月休日表
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  ←休日 
各企業・問屋様卸販売させていただいております。 詳しくはメールにてお問い合わせください。後ほどお取引条件をご連絡させていただきます。

Feed

和食器の取扱いについてのご注意
■ 高台
●器の高台(テーブルに接する面)のざらつきがないかご確認ください。
高台のざらつきは食卓を傷つけます。
テーブル等の上では商品を引きずらないようにしてください。
もしザラツキがあるような場合は、目の細かいサンドペーパーで丁寧にこすってなめらかにしておきます。
そして、こすった部分をぬるま湯で丹念に洗います。

■ 磁器
●強く洗ったり、食器洗い器で長時間使用しますと、絵柄などが剥げる場合があります。
上絵付け・金彩・銀彩を施した物の中には、電子レンジを使用すると焦げてしまう場合がございます。

■ 陶器
●粉引、焼締など、土物といわれる陶器には吸水性がある為、鍋に器を浸して30分ほど米のとぎ汁で煮沸してください。
これで器の焼を堅く締め、また土肌の目が詰まるので汚れがしみにくくなり、汁もれも防ぎます。
煮沸後はカビ・シミ・臭気の原因になりますので、器を完全に自然乾燥させてから収納してください。
●ご使用前に、熱湯に浸してからあらかじめ器に水分を充分含ませてからご使用ください。
シミ等がつきにくくなります。
●ご使用前に、熱湯に浸してからあらかじめ器に水分を充分含ませてからご使用ください。
シミ等がつきにくくなります。
●ご使用後の器は汚れを早く落とし、台所用洗剤で洗った後よくすすいで、よく乾燥してご収納の下さい。
陶器は吸水性がある為、ご使用後の器を水に浸したままにしてきますと、汚れた水を吸収しカビ・シミの臭気を発生する原因になります。
●シミ、茶渋等の汚れが気なる時には、台所用の漂白剤をご使用ください。

■ 器
●器は窯上がり毎に微妙に色合いが違ってきます。
手描商品の場合も同様、1点毎に絵柄が微妙に異なります。あらかじめご了承ください。

■ 調理器具について
●調理器具は、商品によって仕様が異なります。
各商品に付属している取り扱い説明書をご確認ください。

ピックアップ商品